引っ越した

引越しをしました。
ので、気分一新、QOLを(自分の、ではなく、家族の)向上させるべく、まじめに頑張りたい。

4月で新年度始まるとき、たいてい目標をたてるんだけど、たいていそういうのってお勉強系とか趣味系とかそういうのだったんですが(トーイック何点とか、本何冊読むとか)、もういいだろ、いいかげん。トーイックの点数で家族の腹は満たされないっす。いや、どっちもやってもいいんだけど、わたしの場合、どっちもはできないので。

というわけで、ぬか床始めてみた。野菜つけてみたけどまだしょっからい。はじめは、ほんとにこれが発酵するんかね?発酵したってわかるもんなのかね?と疑心暗鬼だったのだけど、ここんところ、あー、なるほどーこういうニオイかーと。

あと出汁も初めてひいたりしてる。今更だけど。
やってみると、だしを取ると美味しいのねえ。昆布とかつお節でも美味しいし、だしパックになっちゃってる奴でも美味しい。
家族の反応は、・・・どうなんだろ。尋ねると、美味しいと言うけど、モチベーション向上のためにもっと大げさに毎回褒めてほしい。あ、でも褒められると、だしの素使った時には褒められないのか。褒めないのは家族のそれなりの気遣いなのかな。
子に対しては、味噌汁を気兼ねなく飲ませられる。別にだしの素でもいいと思うけど、なんとなく気分がよろしい。

別にぬか床作ったり、何でも手作りしたりするのが良い主婦とは思わないけど、手軽に(自己)満足感を得られるので手作りっていいなあと思うのです。飽きっぽいのでいつまで続くかわからないけど、ぬか床は腐るまで続けます(腐らせないよう努めます)。

パプリカの塩水漬け

酒1/2カップ
水2カップ
塩大さじ1
唐辛子1、2本
これらを合わせて沸騰させさましたものにパプリカを切ったものを入れておく。
だいたい6時間くらいで食べられる。

大根も入れてみたけど、パプリカが断然好き。漬け汁のしょっぱ辛さとパプリカの甘さがいい感じです。

やっぱりおんなじような。。。


今回はお漬け物コーナーに「パプリカの塩水漬け」を入れてみました。
漬け物って私はあまり食べないし、外食で小皿に乗っかって出されるのは「パセリ」的飾り扱いなのですが、自分で簡単な漬け物を作ってみると案外美味しい。


中身(右から)
鶏肉を焼いたの、茹でたブロッコリー、大根のお漬け物、プチトマト、卵焼き(甘いの)、ビーマンの炒め物